NEWS

Keith & Tex待望の3年ぶり再来日決定!!

ロックステディ旋風を巻き起こした前回のジャパン・ツアーから3年、ジャマイカン・デュオKeith & Tex待望の再来日が決定!! 世界中を飛び回る彼等だが、今年はオーストラリア、アメリカ西海岸、カナダ、さらにヨーロッパ10都市を巡るツアーを精力的に敢行! 遂に日本に帰ってくる!! バックは、前回公演で互いに信頼を勝ち得たMatt Sounds。名立たるジャマイカン・レジェンド達との演奏で更に経験を積んだ彼等がKeith & Texと3年ぶりの共演!! 今夜も列車は止まらない!?

詳しくは
http://overheat.com/keithandtex2017/

Gladdy UnlimitedにMatt Soundsが出演決定!!



ジャマイカのレジェンド・ピアニストGladstone"Gladdy"Andersonにリスペクトするイベント「Gladdy Unlimited」の開催が決定。Matt Soundsの出演が発表されました。

詳しくは
http://www.overheat.com/g_unlimited/

須永辰緒の夜ジャズ・シリーズに「七人の侍のテーマ」が収録!!

レコード番長、須永辰緒によるコンピレーション『須永辰緒の夜ジャズ』のスピンオフ・シリーズ「外伝」の最新作に Matt Sounds「七人の侍のテーマ(Theme Of Seven Samurai)」が収録!!
ORESKABAND、TRI4TH&カルメラ、Hugo Fattoruso、EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX、SPEAK NO EVILなど、ジャンルを越えたクロスオーバーなラインナップで14曲を収録!!

■商品情報
アーティスト:V.A.(須永辰緒)
タイトル:須永辰緒の夜ジャズ外伝3 All The Young Dudes~全ての若き野郎ども~
発売日:2017年8月2日(水)
価格:2,315円(+税)
規格番号:PWT-036

■収録曲
01 退屈しのぎ/ ORESKABAND
02 HORNS RIOT/ TRI4TH&カルメラ
03 Thema Uit De Film ‘Mensen Van Morgen’/ Sunaga t experience
04 スカル/ CRCK/LCKS
05 Mbakh dou Mbakh / AFRO BEGUE
06 Bong Bong Chin Chin / YASEI COLLECTIVE
07 Chronometer / ai kuwabara trio propject
08 Agua y Brisa / Hugo Fattoruso
09 下弦の月/ EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX
10 Speak no evil / SPEAK NO EVIL
11 Seven Samurai / Matt Sounds
12 Terminal 2 / fox capture plan
13 Bamboo Grass / Lotus Land
14 ふるさと/ 萩原健一

七人の侍のテーマ(Theme Of Seven Samurai)- Matt Sounds

FUJI ROCK FESTIVAL'17への出演が決定!!

初アルバムをリリースしたばかりのMatt Soundsが早くもFUJI ROCK FESTIVALへの出演が決定!!
7月30日 CRYSTAL PALACE TENTに登場!!

オフィシャルウェブサイト
http://www.fujirockfestival.com

「七人の侍のテーマ」のMVが完成!!

The Rocksteady Night 開催!!

2017.7.9(SUN)@渋谷 Star Lounge

2014年にKeith and Texの来日でスタートしたロックステディ・レジェンド・シリーズ。Matt Soundsの歩みが、同好のバンドにも刺激も与えている。それぞれオリジナリティを追求するTropicos、the 9MILES、それにアルバムをリリースして先日のBB シートンとのツアーでその実力を再確認させてくれたMatt Soundsが一同に会してLiveを行う。

LIVE

Matt Sounds
Tropicos
the 9MILES

SELECTOR

Tommy Far East(Far Easr Records)
Ras Taro(Club Ska)
Harashi(Shanty Town)

INFO

渋谷区宇田川町4-7トウセン宇田川ビル1F
Tel:03-6277-5373
http://starlounge.jp
Open / Start 18:00
ADV ¥3,000(+Drink Charge)
DOOR ¥3,300(+Drink Charge)

TICKET

一般発売 5月13日(土)
ローソンチケット:Lコード:71435

チケット取扱店
Far East Records(042-741-3455)
HESHDAWGZ(03-3475-3475)
Dub Store(03-3364-5251)
Coco-isle(03-3770-1909)
JET SET 下北沢店(03-5452-2262)
HMV record shop 渋谷(03-5784-1390)
REDPOT(048-854-0930)

INFO:OVERHEAT MUSIC(03-3406-8970)

TAP the POPにMatt Soundsの記事が掲載!!



TAP the POPにMatt Soundsの記事が掲載されております。
是非ご覧くださいませ!
>TAP the POP

ロゴTシャツが完成!!

1stアルバムをリリースをしたMatt SoundsのロゴTシャツが完成!!

販売価格:3,240円(税込)
カラー------ストーン × オレンジ
サイズ------S/M/L/XL
-----------------------
着丈(cm) 65 / 68 / 71 / 74
身幅(cm) 47 / 50 / 52 / 55
袖丈(cm) 18 / 19 / 20 / 21
肩幅(cm) 43 / 45 / 48 / 50

森俊也と外池満広のインタヴュー記事が掲載!!



Record People Magazineに森俊也と外池満広のインタヴュー記事が掲載されております。
是非ご覧くださいませ!
>Record People Magazine

待望のファースト・アルバム!! 4月5日全国発売!!



title:Matt Sounds
artist:Matt Sounds(マット・サウンズ)
型番:OVE-0114
価格:2,500円(税別)
JAN:4532041101140
発売日:2017年4月5日

ジャマイカン・レジェンド達から手ほどきを受けた手練達が完成させた極上のインスト・アルバム!!
しかも高音質のUHQ-CD !!


2014 年12 月のキース&テックス来日公演のバックとして森俊也、秋廣真一郎、外池満広、小粥鐵人が中心メンバーとしてスタート、4人のイニシャルからMATT と名付ける。ここにギターの大和田” Baku” 誠が参加して原宿アストロホールでキース&テックスの来日公演が行われた。その後、ホーンセクションやピアノの小西英理も加わりカールトン&ザ・シューズ、リロイ・シブルス、ストレンジャー・コール、クリストファー・エリスと計5回に渡りバックを努め、彼らから「こんないいバンドがあったのか?」と驚嘆されてきた。それもそのはず、直接ジャマイカン・レジェンドたちからリハと本番で細かく手ほどきを受け、今や60 年代ジャマイカ音楽の黄金期を再現できる世界にも稀なバンドが誕生した。
16 年4 月、故“Gladdy” Anderson のデモ曲「How Goodand How Pleasant」をレコーディングして7 インチ・デビュー。 そしてMatt Sounds は、今まで演奏してきた曲を中心にアルバムを作る事を決意。2016 年1 1 月、青山のRed Bull Music Studios Tokyo の素晴らしい環境で12 曲をレコーディングし、12 月に入り外池’s 国立音響研究所でギターやオルガンのオーバーダビングを行う。翌1 7 年に内田直之が6曲ミックスダウン、残りを外池満広& 森俊也が行い完成。

1. 七人の侍のテーマ(Theme Of Seven Samurai)(早坂文雄)

黒澤明監督の代表作“七人の侍” のテーマ曲。作曲は早坂文雄。羅生門をはじめ多数の黒澤作品に曲を提供し“七人の侍” 公開翌年に41 歳の若さで夭逝した。

2. Higher Sight( Roland Alphonso )

スタジオ・ワンからリリースされた『Best Of Roland Alphonso』に収録されている曲。

Baku Steady

スタジオ・ワンからリリースされた『Best Of Roland Alphonso』に収録されている曲。

4. Let Me Be The One(Keith & Tex)

キース&テックスのオリジナル曲だが、14 年の初来日時に原宿アストロホールでバックをつとめた曲。

5. Sincerely Yours(Carlton & the Shoes)

オリジナルはカールトン&ザ・シューズ『Love Me Forever』(Studio One) 収録曲、後にカールトン自身のQualityレーベルから出したアルバム『This Heart Of Mine』で再録。この曲も来日時にMatt がバックで演奏した。

6. What Will Your Mama Say(Clancy Eccles)

クランシィ・エクルスの曲だが、彼のクランディスクにインスト・ヴァージョンWinston Wright & The Dynamics「Mother Player」が残されている。

7. How Good And How Pleasant(Gladston Anderson, Stranger Cole)

“Gladdy” Anderson のデモテープ発見からMatt がステージで演奏、さらにレコーディングし7 インチとなる。原曲となったのはStranger Cole & The Seraphines 「Love Is A Thing」だがGladdy のデモ曲は詩が異なる。

8. Love To Share(Carlton & the Shoes)

カールトンがスタジオ・ワンに残した名曲。自身の『Music for Lovers』(overheat) でセルフ・カバーもした。15年のカールトン来日公演でMatt がバックをつとめた曲。

9. Why Birds Follow Spring(Alton Ellis)

アルトン・エリスの曲。16 年にアルトンの息子クリストファー・エリスとカールトン& ザ・シューズが来日し渋谷クアトロで開催された“Rocksteady Night” に出演。この曲もバックをMatt が担当した。

10. If I Only Had Time (Je N'Aurai Pas Le Temps)(Pierre Delanoe, Michel Paul Fugain, Jack Fishman)

Gladdy and "Lynn Taitt & The Jets" のアルバム『Glad Sounds』収録曲だが、オリジナルは1967 年フランスのMichel Fugain のヒット曲、同じフランスのFranck Pourcel もインストでカバー。英米では「If I Only Had Time」という曲名でNick DeCaro などもカバーした。16 年にUNIT で開催された” Tribute to Gladdy” でMatt がこの曲を演奏した。

Comment from

I love it! Real authentic reggae music. I've been playing it a lot. Great great music. Say hello to the band for me. Maximum respect. Make sure you promote it very much. ----(Christopher Ellis)

Nice Great----(Stranger Cole )

I love it, really good ----( Keith Rowe(Keith & Tex))

Fantastic. Great ending. "IF I ONLY HAD TIME".I hope you will release a limited edition Vinyl pressing Album of this.This is a Grammy Album.You will never know if you don't submit the Album.---- (Clive Davidson 元VP Records A&R /Consultant /Producer)

Nice Arrangement !!!!!! Very nice.... (Bitty McLean)

Sounds good. Notice you've got them to do a couple Carlton & Shoes tunes! Can you send me some information about group and perhaps flac version for me to download and keep to play? ----( Simon Buckland/ Music writer & Phtographer)

>BB Seaton from Gaylads meets Matt Sounds

BB Seaton from Gaylads meets Matt Sounds

2017.4.29(Sat)@大阪 SOCORE FACTORY
2017.4.30(Sun)@名古屋 JAMMIN'
2017.5.2(Tue/祝前)@東京 Shibuya QUATTRO
2017.5.3(Wed)@岡山 CLUB CROWN(DJ set)
2017.5.4(thu)@高知 LOVE JAMAICAN(DJ set)

遂にビッグ・レジェンド、BBシートン来日決定!!

各地でソールド・アウトとなり回を重ねるごとにファンを熱狂させている「ロックステディ・レジェンド」シリーズも6回目。ジャマイカの人間国宝級レジェンドたちのステージをナマで観られる貴重なライブ。

BB SEATON

遂に大物、The Gaylads(ザ・ゲイラッズ)のBB Seaton(ビービー・シートン)の登場だ。BBはThe Gayladsのリーダーとしてスタジオ・ワン・レコードからデビュー・アルバム『Soul Beat』をリリース。その後はHigh NoteやGay Feet、Beverley’sなどの名門レーベルから「ABC Rocksteady」「Joy In The Morning」など数々のヒットを飛ばす。また、ケン・ブース、ザ・メロディアンズ、デルロイ・ウイルソンなどのビッグ・アーティストにも多くの楽曲を提供している、まさにリビング・レジェンド。待望の来日決定!

BB Seaton (The Gaylads) - HARD TO CONFESS


BB Seaton (The gaylads) - ABC Rocksteady

LIVE

Matt Sounds
・Dr:森 俊也
・Ba:小粥鐡人
・Key:外池満広
・Gt:秋廣真一郎
・Gt:大和田誠
・Key:小西英理
・Sax:西内徹(東京のみ)
・Trb:永田直(東京のみ)
・Sax:大沢広一郎(東京のみ)
・Trp:黄啓傑(東京のみ)

BB Seaton(from Gaylads)

THE RUDE PRESSURES(名古屋のみ)

SELECTOR

・TOMMY FAR EAST [Far East Records]
・Sal [Chant Down Babylon](名古屋のみ)

INFORMATION 東京

@Shibuya QUATTRO
OPEN 19:30 START 20:30
ADV 5,000yen(+Drink Charge) DOOR 6,000yen(+Drink Charge)

一般発売 2月25日(土)

チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:322-726)
ローソンチケット:0570-084-003(Lコード:76494)
e+(イープラス)http://eplus.jp

チケット取扱店
Far East Records(042-741-3455)
HESHDAWGZ(03-3475-3475)
Dub Store(03-3364-5251)
Coco-isle(03-3770-1909)
JET SET 下北沢店(03-5452-2262)
HMV record shop 渋谷(03-5784-1390)
REDPOT(048-854-0930)
OR GLORY 神宮前店(03-3423-9368)

Total Info OVERHEAT MUSIC (03-3406-8970)

INFORMATION 名古屋

@Nagoya JAMMIN'
OPEN/START 19:00
ADV 5,000yen(+Drink Charge) DOOR 6,000yen(+Drink Charge)

一般発売 2月25日(土)

チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:323-210)
ローソンチケット:0570-084-003(Lコード:43901)
e+(イープラス)http://eplus.jp

チケット取扱店
LION MUSIC DEN(052-439-6027)
greatesthits(052-223-0178)
OR GLORY 名古屋店(052-222-3136)
KALAKUTA DISCO kalakutadisco.tumblr.com/

Total Info OVERHEAT MUSIC (03-3406-8970)

INFORMATION 大阪

4/29 @Osaka SOCORE FACTORY
大阪市西区南堀江2-13-26 Info 06-6567-9852
socorefactory.com

INFORMATION 岡山(DJ SET)

5/3 @岡山 CLUB CROWN
岡山県岡山市北区本町1016ユキタケビル4F
Info SOUL FINGER(080-3050-3912)

INFORMATION 高知(DJ SET)

5/4 @高知 LOVE JAMAICAN
高知市大手筋1-9-1ユリアビルB1
Info(090-9457-2048)

七人の侍のテーマ(Theme of Seven Samurai) 7inch



【Side A:七人の侍のテーマ(Theme of Seven Samurai)】

世界がひれ伏す黒澤明監督の日本の名作映画「七人の侍」のテーマ曲をMatt Soundsが大胆にスカアレンジ。 あのSKATALITES「RINGO」(リンゴ追分)を越えたか!ジャパン・メイドのSKA名曲が完成。
最高の設備を誇るRed Bull Studios Tokyoでレコーディング。MixはDRY&HEAVY、OKI DUB AINU BAND等多方面での活躍で知られる内田直之。

【Side B:Baku Steady】

これまでのMatt Sound全公演に参加しCOOL WISE MANのギタリストも努める大和田"Baku"誠とMatt Soundsによる1曲。60年代のジャマイカにも引けを取らないシンプルなロックステディ・ギター曲。

型番:OVE-7-0131
価格:1,590円(税込)
発売日:2017年3月10日

How Good And How Pleasant 7inch



【Side A:MATT SOUNDS / How Good And How Pleasant】

昨年12月に他界したジャマイカのレジェンドピアニストGladstone "Gladdy"Andersonの未発表デモ音源を日本人バンドMATT SOUNDSが新たにレコーディング。

【Side B:LYNN TAITT / Under The Hellshire Moon】

公開10周年を迎えたジャマイカ・ドキュメンタリー映画『Ruffn' Tuff』に出演したロックステディ期を代表するギタリスト故Lynn Taittが、Stranger & Gladdyの名曲「Just Like A River」のトラックに乗せて、ギターを録音した秘蔵音源。初アナログ化!!

※初回プレス限定カラー(クリアオレンジ)盤

> 7inch Relese Party